カニ 棒肉 食べ方

これからの季節に大活躍のカニ棒肉をおいしく食べるコツ

これから冬から春にかけて旬を迎えるカニはその身の甘さと旨味から人気の食べ物となっていますが、その食べる部位に置いてもっとも多く食べられている部位というのがカニ棒肉という部位です。
このカニ棒肉というのはカニを食べる部分に置いて最も多いのは先に行った通りに身の部分ですが、その身の部分は甲羅から手に当たる爪部分の間である人間でいえば腕に当たる部分です。
この身は爪と違い移動やどうしても勝てない捕食者にあった際に危険を察した行動としてその脚を切り離すという事でしか使わないため、その身の部分には筋肉はあまり付いておらず旨味もありますがそれよりも甘味の方が強いと言えます。
しかしその身を食べる際にはそのの甲羅の薄さや関節によって身を取り出すことが難しいので、この身のおいしさを味わうために事前に職人がその身を取り出して販売している物を棒肉と呼ぶのです。
この棒肉のおいしい食べ方とすれば、先にも言った通りにこの身の部分と言うのはあまり使う頻度が少ないため筋肉質ではなく火を通すとほぐれてしまうという性質があります。
そのため食べ方としてカニは茹でる事が一番ですが、その他の部位と違い長い間煮るのではなく出汁に入れたらすぐに取り出して食べる事が良い方法と言えます。
しかしこのほぐれるという性質を利用してその身を茹でるもしくは蒸すなどの調理工程の後でその身をほぐした後に、きゅうりやワカメと酢を和えて酢の物にしたり豆腐の上に出汁のなかにほぐした身を入れて水溶き片栗でとろみを付けたあんをかけて食べるなどの料理もお勧めできる食べ方と言えます。

カニポーション人気ランキング