カニ 肩肉 食べ方

カニの肩肉は身が少ない?実は美味しいカニ肩肉

カニの食べるところは、主に足と肩肉がありますが、道具を使わなくても食べやすいのは、肩肉です。
この部分は、足に比べると人気は少し低いですが、ボリュームは足以上にありますから、多く食べたい場合は最適です。
それに、足とはかなり異なる味を持っていますから、足は苦手であっても、肩肉は好きという人もいますので、試しに購入して食べてみるのもいいでしょう。

 

冷凍のカニであれば、解凍するときに水分やうまみを落とさないように上手く解凍させなければなりません。
常温で解凍させてしまうと、かなり水分が抜けてしまいますので、一番いい解凍方法は、冷蔵庫の中で1日以上かけてゆっくりと解凍することです。
急ぐのであれば、水の中に付けるという方法もありますが、じっくりと冷蔵庫で解凍させた方がおいしくなります。

 

シッカリとした身が多くて食べごたえがある肩肉の食べ方は、素手で薄くて透明なからの部分を折り曲げるようにして、ちぎっては、身の部分を取り出していく方法がいいでしょう。
取り出すときには、カニ用フォークを使用すると、綺麗に取り出すことが出来ます。

 

身を取り出したら、しっかりした身で水分が豊富な肩肉であれば、そのまま食べても塩味が効いていてとでも美味しく感じられます。
さらにおいしく食べるのであれば、しょうゆベースのつゆにつけて食べるのもいいでしょう。

 

この部分については、単体で食べるほかにも様々な食べ方があり、せいろごはんに入れて炊き上げたり、鍋に入れて煮込んだりする食べ方もかなり人気があります。

カニポーション人気ランキング